2012 六甲ミーツアート2012 (兵庫)
『私のバスはどこですか?-顔食めてバス探し編-』

2012 Rokko Meets Art 2012 (HYOGO)
”Where Is My Bus? -looking for Bus with eating our faces”


携帯電話の主流がスマートフォンになった2012年。今まで以上に観光地で証拠集めのように写真を撮影する人が増えた。人と人の繋がりは、機械と機械の繋がりに取って代わられている。観光地で行われた芸術祭である六甲ミーツアートでは、観光客が観光地の一部になれる道具として「顔食め看板」を5箇所(裏表10イメージ)制作した。オモテ面は設置場所で撮影した写真を、裏面は「こんなところにバスがいるかも」という妄想のグラフィックを作成して観光地によくある顔出し看板にした。設置場所にいた動物、銅像、人物そしてバスを見失ったバスガイドの顔をくり抜いた。バスを見失ったバスガイドのことはもちろん他人事に多くの鑑賞者は考える。そんな現状を顔を出すという疑似体験行為を通して打破したかった。鑑賞者は看板から顔を出すことで文字通り観光地に顔を食べられてしまう。喜んで顔を食べられる人々はもはや観光地の表層だけ満足し、足早に立ち去る人々でない。むしろ観光地に溶け込もうとする行為となっている。その「顔食め看板」と撮影された写真「顔食め写真」を「バスステーション」と称するホームページで集め観光地に食べられた人々をアーカイブ化した。

Translation into English will be updated soon!
【「顔食(は)め看板」展示展示】(5箇所)
2012/9/15-11/25
【パフォーマンス】 上記期間内の毎週土曜日

【Exhibition of Kaohame Kanban (Face-eating Signs)】(5 locations) 2012/9/15-11/25
【Performance】 Every Saturday during the above period

There is a new world in Osaka.