2018 種子島宇宙芸術祭(鹿児島)
『私のバスはどこですか?-宇宙バスガイド編-』

2018 Tanegashima Space Art Festival (KAGOSHIMA)
”Where Is My Bus? --The Space Bus Guide-”


トミモトラベル10年目となる節目の年であった。今までとは違ったシチュエーションで未来と宇宙をテーマに思考の旅へ引率することに挑戦した。このプロジェクトは、朝日新聞社クラウドファンディングサイトA-portにて支援を集め、その結果 2018年10月20日(土)から11月25日(日)に開催された種子島宇宙芸術祭2018の公式プログラムとして実施された。
この作品は、2100年の宇宙バスガイドが時空のポケットにはまり地球にやってきて見失った宇宙バスを探すところから始まった。宇宙バスガイドは、宇宙旅行のガイドとして2100年には当たり前の存在となっている。その宇宙バスガイドが、種子島という宇宙と地球の橋渡しの島で宇宙バスを探した。種子島には2018年10月27日から11月4日まで滞在し7日間パフォーマンス実施した。
10月29日、三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)が温室効果ガス観測技術衛星「いぶき2号」を搭載した国産ロケット「H2A」40号機を種子島宇宙センターから打ち上げた。残念ながら宇宙バスガイドは運悪くこのロケットに乗り逃なってロケットが宇宙に向かって打ち上がって行くのを地上で見ていた。そこで、ロケットの遊具がある幼稚園に通う児童たちに「私の宇宙バスはどこですか?」と尋ねた。

It was the 10th year of TOMIMOTRAVEL. She challenged herselves to lead people on a journey of thought on the theme of the future and space in a different situation than before. This project was supported by the Asahi Shimbun crowdfunding site A-port, and as a result it was implemented as an official program of the Tanegashima Space Art Festival 2018, which took place from Saturday 20 October to Sunday 25 November 2018.
On October 29th, Mitsubishi Heavy Industries, Ltd. and the Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA) launched the Japan-made H2A No. 40 rocket with the Greenhouse Gases Observing Satellite "Ibuki-2" onboard from the Tanegashima Space Center. Unfortunately, our space bus guide was unlucky enough to miss this rocket and was on the ground watching the rocket launch into space. So She asked the children who go to a kindergarten with a rocket playground, "Where is my space bus? she asked them.

【パフォーマンス】 2018/10/27-10/30,11/1-3
【Performance】 2018/10/27-10/30,11/1-3

素材 塩ビドーム、ホース、ポリエチレンなど
Medium Vinyl chloride domes, hoses, polyethylene, etc.

Photograph by Kishin Himori, Asuka Taniyama, Yuki Mikuma, Takuro Fujisaki