what_tt

tomimotravelhomenewwhatsblogworksinfotomimotravel

 

『人と人を繋げたい。』

そんな思いから、私がバスガイドになる。

 

パフォーマンス「TOMIMOTRAVEL」は、2008年見失ったバスを探すためにバスガイドが旅に出たところから始まる。大阪、京都、山口、広島、東京、北海道と日本各地の観光地を彷徨ってきた。観光は、その土地の観光地を見たり写真を撮ったりする事も勿論楽しいが、様々な土地の人と人が出会い繋がる面白さを再確認してほしい。バスガイドは多様な出身や考え、年齢の人々を同じバスに乗せ、同じ目的地へ連れて行く。そして一緒に楽しむ架け橋となる。現代のバスガイドの減少は、人と人との繋がりの希薄ささえ暗示しているように思えてならない。
そこで私は人と人を繋げるバスガイドになることにした。(2008,TOMIMOTRAVEL)

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2012年10月現在は、六甲ミーツアート芸術散歩2012にて発表中。

『私のバスはどこですか?~顔食めてバス探し編』(where is my bus ? ~finding 'your bus' by taking over the other faces.)

【六甲ミーツアート キュレーター 高見沢清隆氏】この新進の美術家は近年まで京都銀閣寺の2軒隣に住んでいた。予定調和のみを目的とするかのような観光のあり方に疑問をもち、自らを観光のアイコン=バスガイドに仕立てて各地の観光スポットに割って入る。「私のバスはどこですか」と書かれた旗をもつガイドの出現は人々の間に細波を起こし笑顔のコミュニケーションを誘発する。作品は二重構造であり「私のバスとはなにか」を考える鑑賞者は、作者の問いが、普遍的な問いでもあることに気付く。

This progressive artist lived in the house two houses from Ginkakuji temple in Kyoto until recently. The same artist, having doubts about the whole concept of sightseeing whose only object is in harmony with schedule, she makes herself into a tourist icon, a bus guide and places herself in tourist spots around the country. The appearance of the guide holding a flag reading “where is my bus?” affects people and provokes smiles and communication among them. Her work has dual structures and the viewers who think about “What is my bus?” recognize that her question is also universal.

 

☞六甲ミーツアート芸術散歩201 2
バスステーションから送られてくる顔食め写真はこちら。

 

 

 

 

 

 

Copyright (C) 2008- TOMIMOTRAVEL,Akina Tomimoto. All rights reserved.